あれは高校3年生の冬、その年は昭和58年で「58豪雪」と言われるほど雪の多い年でした。
私の住む町も、この年はたくさんの雪が降ったことを憶えています。
この曲は、バイト帰りのバスの窓から、降りしきる雪を見ながら作りました。
当時フォークソングオタクだった私は、しっかりフォークソング調に仕上げてあります。
しかし、不思議なものですね。最近作った曲はあっという間に忘れてしまうのに、このころ作った曲は、今だに忘れずに憶えています。
きっと、今は失くしてしまったピュアな心のままに作ったからでしょうね。
スポンサーサイト

テーマ : 作詞・作曲 - ジャンル : 音楽