そこに居るのは誰だ・・・

昨夜の事だった。
既に時間は午前3時。そろそろ寝なくてはと思いつつ、歯を磨きながら情報誌を読んでいた。
すると腰かけていたソファの隣にある仏壇の置いてある部屋へのドアがいきなり


ドンッ!と音を立てスーっと開いていった。

前身を駆け抜ける悪寒・そそけ立つ体毛(鳥肌っちゅうやつです。)

「こらやびゃあぞ・・・」

あわてて磨きかけの歯を磨き終え、二階の寝室へ逃げ込んだ。

「どえりゃあ怖かったでかんがね。」

そういえば、先日も消したはずのテレビがいきなりついて、カミさんやお袋と顔を見合わせたり、DVDプレイヤーが、これまたスイッチも入れてなかったのに「ウイーン」とトレーがでてきたりと、不思議な出来事が起きている。
カミさんもパソコンをいじってたら、となりの部屋とのドアノブがガチャガチャ回ったので、てっきりお袋だと思い、ドアを開けたが誰もいなかったと言っていた。
一体何が起きているのだろう・・・


そこに居るのは誰だ・・・
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと - ジャンル : 日記