スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「奥様はフィリピーナ 発展編」

最近何かと忙しくて、ブログのUPもしていなかったが、そろそろ続けないと誰も見に来てくれなくなっちゃうので、眠い目をこすりつつUPしてます。

さて、先回クラブハピネスでカラオケシステムが良くなっていたことに気が付いた私は、再びハピネスに訪れた。
先回隣に座った女の子(後のカミさんだが)は、もう来ないだろうなと思いつつ、
「今日は誰が隣に座るのだろう?」
などと、鼻の下を伸ばしながら席に着いた。すると、またまた先回の彼女がやってきた。
「あれ?またこの子だぁ、意外だな。」
と思いつつも
「スワッテイイデスカ?」
の問いに、ダメだと言うわけにもいかず
「いいよ」
と言うと、またまた
「ゴハンタベマシタカ?」
の問い。
「何でご飯?」
と、思いながら、でも何となくそれが可笑しくなって、つい笑ってしまった。
「ナゼ、ワライマスカ?」
と聞かれ、こちらも
「何故、御飯ですか?」
と聞くと、
「アナタ、シリアスナカオシテルカラ、ナニカラハシタライイカワカラナイ。ソレニ、シャチョウカラソウヤッテキケトイワレテタカラ。」
との答え。つまりハピネスの隣にあるレストランの「ふるさと」が同じ系列の会社で、もしご飯を食べてないのなら、そこから出前を取って、売りあげに貢献しるシステムらしい。
「お仕事頑張ってるねぇ」
等と言いながら、何となく会話が弾んでいった。
(後から聞いたら、怖いから行きたくないのにママさんに言われてしぶしぶ座ったらしい。)
そして、彼女の醸し出す居心地の良さに、その後もついついハピネスに足が向くようになった。
当時は、カラオケならクラブマーメイドやブルーラグーン、ショーパブ(と言うか、ストリップでしたが)ならキングスクラブかクラブジャマにムーンライト。ライブハウスならタンバヤンやゴットファーザーズバー。さらにカウンターバーならマイニックインといったところに顔を出していた(と言うか顔を知られていた)私だったが(これが後にブラックメール事件に発展する。)自然とハピネス一本になっていったのだった。
彼女とは、次第に色々な話をするようになり、なんとなくいいムードになっていった。
そして、やってきた2006年12月24日。彼女から
「ワタシニトッテ、アナタハタダノオキャクサンジャナイヨ。」
と言われ、
「それは私にとっても同じ、貴女は特別な女性だよ。」
と、言ったらしい・・・・いや、実は憶えてなくて・・・
何はともあれこの日から、二人の関係は一歩進んだということになっている。 (実は日付も憶えてなくて・・・・まぁ、カミさんがそう言うのだから、多分そうなんでしょう。)後から聞いたところによると奥さんは、ほかの女の子たちから冷やかされていたらしい。
中でもチイママだった子から
「マダカレカラコクハクサレナイノ?ダッタラ、カレノキモチヲタシカメテヤリナサイ。ゼッタイカレガヨソミヲシナイヨウニ、ジブンニヒキツケテハナシチャダメダヨ。」
と言われていたとのこと。
今思えば、そのチイママこそが二人にとってのキューピットだった。

さて、いよいよお付き合いを初めた二人だが、サイパンという狭い島の中、いろいろややこしい出来事もふりかかって来ることになった。それは、また次回にて・・・
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと - ジャンル : 日記

コメント

お〜〜ここで、ツービーコンティニューかいな...
仕事を休んででも連載を続けて頂きたい!

わくわく!わくわく!
なんだか事件の匂いが・・・コレからがいよいよ本番ですね!・・次回をはやく!はやく!

それが・・・

なかなか時間が取れなくて・・・
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【「奥様はフィリピーナ】

最近何かと忙しくて、ブログのUPもしていなかったが、そろそろ続けないと誰も見に来てくれなくなっちゃう
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。