スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奥様はフィリピーナ 「スタックした!!」

初デート後、多くの方々から
「こないだ女性と一緒に居たでしょう。」
と言われた私。
どこで見ていたのかは知らないが、こんな狭い島のことなのですぐ情報が伝わってしまう。
ましてや、退屈している日本人の奥様方の間ではなおさらである。
そこで、次のデートからは私の部屋で過ごすことが多くなった。
まあ、昼間に外出ても暑いだけだし行くところも限られているので、部屋でDVD観てるほうが楽っちゃあ楽だった。
部屋にいるといっても、規則で一人では出てこれないので友達も一緒。お目付け役付である。
いつも、彼女ともう一人か二人を伴ってお昼ご飯を買いに行き、部屋に戻ってDVDを観るといったパターンだった。
ある日、いつものようにお目付け役を伴って部屋に戻ると、誰かがドアをノックする。
開けてみると、巨漢の韓国人が立っていた。するとお目付け役の女の子が、
「私達、これからデートに行くから二人で楽しんで。5時には迎えに来るから。」
と、部屋を出て行った。
どうやら、日程を合わせてお互い二人きりになれるよう計画したらしい。
なんとも粋な計らいではありませんか!
「ようやく人目を気にせずあま~い時間を過ごせるがね。」
今まで常に誰かがいたため抑えてた思いが一気に爆発する2人。
しかし、凄くお腹が減っていたので、まずは買ってきたお昼ご飯を食べて腹ごしらえ。
ご飯を食べている間も、どんどん盛り上がってくる雰囲気。
やがてご飯も食べ終わり、いよいよあま~い時がと思ったその時だった。
突然鳴り響く彼女の携帯の呼び出し音、お目付け役の女の子からだ。
「どうした?まださっき出ていたばっかりじゃん。5時って言ってただろ。」
と思いながら電話にでてみると。
「ラウラウビーチでスタックしてまった!助けてちょ!!」とのことだった。
これは大変と救出に向かった私達。
またもやあま~い時はお預けになってしまったとさ。
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと - ジャンル : 日記

コメント

No title

読んでおりまして、「よしっ!いよいよかぁ?!」と期待させての携帯呼び出し音。読者も次が楽しみです。プププ(w)

ちずさん

なかなか思うようには行かないのが、世の中の常です。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。