スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

晩夏の夜の出来事

今回は、晩夏の夜に起きたちょっと不思議なお話を・・・

その日(8/26)深夜、外に飲みに出かけていた私。午前2時過ぎる頃、ようやく帰宅した。
我が家はお袋との二人暮し、この時間当然お袋は寝ている。
そっと玄関を開け、暗い家の中に入った時だった。
突然暗闇の中から、お袋が私の名を呼んだ。
「!!」
正直どえりゃあべっくらこいた。
「ちょっとあんた私のケータイに電話はいっとるみたいやで見たってちょ。私便所行きたゃーで。」
そう言うなりトイレへ行ってしまった。
どれどれ確認してみると、ねーちゃんからの電話だ。それも2時08分。
「こんな夜中になんじゃらほい、何かあったんちゃうか。」
「あんたちょっと電話したりゃあ。」
そー言われてリダイヤルをしたが、電話には出ない。
心配ではあったが、何かありゃあまたかかってくるわと寝てしまった。
さて、朝が来て、心配でどうしようもないお袋は、さっそくねーちゃんの所へ電話をした。
姉「なにーこんなはよから」
お袋「あんた夜中に電話したが、なんやったの。」
姉「私電話なんかしとれへんて、なんか間違っとれへん。だいたい電話はずっとバッグの中で触っとれへんもん。」
お袋:「ちょっとあんた見てみやあて。」
そう言われ、姉が電話を確認したところ、確かに昨夜私がリダイヤルした時の受信暦は残っている。しかし、
2時08分に電話をかけた時の発信履歴が無い。
姉「ほれみやあ、私電話かけとれへんもん。」
私「そんな馬鹿な!確かにお袋の電話には2時08分でねーちゃんからの受信履歴があったって。そこからリダイヤルしたから間違いにゃーもん。」
そういいながら、お袋の電話の受信履歴をみたら
「!!」
無いのである。リダイヤル暦はしっかり残っているのだが、その元になった受信履歴が無い。
姉の電話の発信履暦も無ければ、お袋の電話の受信履歴も無い。
でも、私は確かに見たし、そこからリダイヤルしたのだから間違いない。
一体私が見たあの受信履歴は何だったのか?
するとお袋が
「この電話、もともとはお父さんの使ってたものなんだわ、もしかしたら何か言いたかったのかなぁ。」
と言った。
そうなのある、この電話は前年お袋が入院したときに、連絡が取り合えるようにと二人にそれぞれ一台ずつ渡した電話で、父が亡くなった後、お袋が使っていた方を破棄し、亡父が使っていたほうをお袋に持たせていたのである。
仕事を変えてふらふらしている私が心配で、父が霊界からかけてきたのだろうか?
しかし、何で姉の名前だったんだろう、不思議である。

スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと - ジャンル : 日記

コメント

不思議よね~。

カフェスタのモナ理紗です^^見させてもらいました^^わたしも同じブログですので、よろしく^^
http://serenarisa.blog105.fc2.com/

つい最近、携帯の留守電に女性の声が入っていたんですけど、どこを見ても、着信記録が無いんです。。「どうせ留守電入れても・・」っていう言葉が残ってました^^;ちとびびった^^;ばんだなさんのは、お父さんのメッセージかな?お母さんと話したかったのかもね。

うんうん、お母さんと何か話をしたかったのか
バンダナさんが心配だったのか、だと思います。
うちの弟は先日、立ち入り禁止の山に侵入したところ、女性の霊に憑依されたそうです。昔から女性の霊には縁があってよく遭遇するみたいです。
おじいちゃんとか、身内の霊なら会って話をしたいですけどね。

デジタルである機械は、必ず理屈どおり動くはずですから、そうでなかったとき・・・・・それは・・・・!!

誰かを思う心は、きっと強い力があるんですね。

いやいや・・・

モナ理沙さん、コメントありがとうございます。
声が入っていたってのも、怖いですね。これからも、よろしくお願いします。
SWEETさん、それ怖すぎです。確かに、身内の霊なら、会ってみたいですね。どんな感じなのやら、スターウォーズのオビワンみたいなら、そう怖くないですね。
ちづさん、この世には科学で計り知れない、不思議な世界があるのです。誰かを想う心は、数値では表せない不思議なパワーを持っています。

パワー

君のブログのコメントは女性ばっかりじゃのう。

君にもある。数値では表せない不思議なパワーが!!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。