スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新年早々から・・・

風邪を引いてしまった・・・
と言うのも、全てあの腹が立つ事件のせいだ!
その日は休みで、朝からやや風邪気味で体調がおもわしくなかった。
しかし、年末にDVDプレイヤーが壊れてしまったので、お袋を鍼医者に連れて行くついでに、新しいのを買うつもりだった。
さて、車に乗り込み出発の時に、お袋がトイレに行きたいと言い出した。
そこで、自宅の玄関前に車を停め、私もテレビにHDMIケーブルの入力端子が付いていたか確認のために車を降りた。その間約7~8分に
貼られた!!
駐車違反である。
そりゃあ家の前の道路は駐車禁止だよ、でも主要道路でもなく一方通行の裏通りで、しかも玄関のまん前で道幅も広いから何の交通の妨げにもなっていないのにだよ、一言声をかければ済むじゃんよ。チェックして5分で貼ってあったよ。
ムカついたね。
どうにもならんと解っていても、腹が立ったから警察署で警官相手に文句を言ったよ。
そしたら、横から高飛車な婦人警官が出てきて、お袋に向かって高圧的な態度で何か言ってきたよ。
私らが言いたいのは、罪の取り消しじゃなくて、あまりに情もクソもないやり方に、もう少し人間味が欲しいと言うことよ。
以前から、うちの近所にはよく委託業者の連中(交通検査員?)が周ってきては、近所の老人のリハビリのために来た車に貼ろうとしたり、まさしくトイレに行くために、玄関先に止まっている車に貼ろうとして、ウチのお袋が数回それを阻止したことがあるんよ。
その時にも、「こんな民家の玄関先だったら、何かの用事かもしれんで、声をかけてみたら。」と訴え、私も一度現場に出くわしたときには、「トイレ行ってるくらいで貼られたらたまらんわ!」と言ってやったら、「いえ、10分から15分は様子を見ますんで。」と言っていたのに、今回は5分で貼ったるし!
その婦人警官も、お袋に向かって「法律では5分で貼れますんで、検査員はそちらの都合など知りませんし。」とか言ってたよ。
いや、確かにそうだけどムカついたのはその態度。76歳の年寄りに対しての高圧的な物の言い方。
思わず言ってしまったよ。
「What hell are you talking now? お袋、もう何も言うな、日本語は通じても心が通じんような相手に何を言っても駄目・駄目。時間の無駄だよ。」 
そしたら、すごすごと引っ込んでいったよ。ちょっとスッとしたね。
結局反則金¥15,000払ってきたけどさ。いきなり予期せぬ出費だよ。
そりゃあね、停めたほうが悪いよ。法律的にも5分で貼れるんだし、それぐらいしなきゃ違法駐車もなくならないのだろうけど、せめてもうちょっと人間味が欲しいよ。
「声をかける必要性は無い」と警官は言ってたけど「声をかけちゃいけない訳でもない。」とも言っていたし、商業施設の前ならいざ知らず、こんな裏通りの民家の玄関先なんだからねぇ。5分間待ってる間に一声かけれるじゃんねぇ。
こんなことがあって、風邪も悪化しちゃって、二日も仕事を休むハメになったよ。
それにしても、こんなわけの解らん文句を最初から最後まで聞いてくれてた若い警官には、頭が下がるね。大変な仕事だわ、ありゃあ。
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと - ジャンル : 日記

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

大変でしたね。お母様も不愉快な思いをされたでしょうね。
風邪までひかれてしまわれたとのこと、どうぞお大事にしてください。

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。