スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

呪いのパルミジャーノチーズ

それは、偶然かと思われた。
二度目までは、笑って済まされた。
だが、三度目・四度目ともなると、笑い事ではなくなり、ある種の力を感じるようになった。
そう、「呪い」である。

私は今、レストランで働いている。
スパゲティーとピザが中心の、イタリアンレストランだ。
そこで、「なんちゃって店長」をやっている。
おかげさまで、ランチタイムはそこそこ忙しい。しかし、ディナータイムがいまひとつ盛り上がってこない。
ラストオーダーは、夜10時。閉店時間は夜11時だが、この時点でお客がいないと、終了となる。
だから、9時45分頃にNO CUSTOMERの場合 「もう一組客が来て欲しい。」というたてまえより、 「もう今日は早く終わって帰ろまい。」といった本音が強くなってくる。
そんな時に、この事件は起きたのである。

「そろそろ閉店準備しよまいか、そこのチーズしまっといて。」そんな感じで、リゾット用のパルミジャーノチーズを片付けたら

客が来た・・・

そんな事が、2回連続で起きた。
その時は「パルミジャーノチーズを片付けると客が来るジンクスだ。」などと笑っていた。
しかしその数日後、バイト君がチーズを片付けてしまった。
「いかんてぇ、チーズしまったら客が来るジンクスがあるんやて、知らへんかったか。」
と、笑いながら言ってたら、

客が来た・・・

極め付きは、売り上げがもうちょっと欲しかったので、
「試しにチーズしまったろまい。」と片付けたら、

客が来た・・・

もはや、ジンクスを超え、呪いとまで言われるようになった。

そして、今日もチーズは台車の上でにある。
今では、誰もラストオーダー前には片付けようとしなくなったのだった。
呪いのパルメジャーノチーズ
(これが問題のパルミジャーノチーズ)
エビのフリット
(関係ないけどエビのフリット、美味しいよ。)
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと - ジャンル : 日記

コメント

「呪いのお味」を確かめなくてはっ!!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

パルミジャーノチーズ

・・・が、淋しがりやなのかもー。
もしくは営業熱心なのか?
こういうジンクス(なのか??)話は大好きです。

チーズも大好き。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。