スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

THE HEART OF THE MATTER



以前、グレン・フライの曲をUPしましたが、こんどはEAGLESのもう一人のメインボーカリスト、ドン・ヘンリーの曲を紹介しましょう。
実は、私は彼の声が大好きです。ちょっと枯れた感じの哀愁漂う声。
有名どころでは、「デスペラード」「ホテルカルフォルニア」「ラストリゾート」など、彼の声が映える曲が思い浮かびます。
この曲は、ソロになってからの曲ですが、EAGLESの再結成ライブでも歌われてましたので、ご存知の方もみえるのではないでしょうか。
ソロのCDも聴きましたが、圧倒的にこのEAGLESでのライブの方がかっこいいです。
また、歌詞がいいんですよね。特に、サビのラストの部分の
But I think it's about Forgiveness
Forgiveness
Even if, Even if, You don't love me anymore.
「でも、考えるにそれは許せるって事だよ。
 許すって事。
 たとえ、たとえ、君が僕の事をもう愛していなくてもね。」ってところ。
どえりゃあかっこええでかんがね。(おっと、名古屋弁が・・・)

こんなマイナーな曲、カラオケには絶対無いだろうなとおもっていたら、先日DAMで見つけてまったでかんがね。(おっと、またまた名古屋弁が・・・)さっそく、レパートリーのひとつになりました。

ちなみに映像は、1994年のEAGLES再結成時のもので、Hell Freezes Overに収録されているものです。
スポンサーサイト

テーマ : お気に入り&好きな音楽 - ジャンル : 音楽

コメント

私はEAGLESというと、ドン・ヘンリー「デスペラード」です。
高校生だった当時はカセットテープ時代で、EAGLESの曲をたくさん録音してもらっては聞いていました。

このかすれた哀愁のある声を聞くと、高校時代を思い出します。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。